レコードのための部屋探し

家族と一緒に住んでいる時から引っ越しが多かったのですが、 一人暮らしを始めても小さな引越しも含めると多く、 なんて言うか部屋にすぐ飽きてしまうんですね。 そんなこんなで引越し回数は18回を超えました。 その中で私の私感というか考えを書いてみようと思います。

引越しをする時は最初にどんなことをするでしょうか?場合によりけりかもしれませんが、 自分の住みたいエリアをだいたい決めて、職場などの沿線沿いや、 通勤時間などいろいろ考えて場所を絞り込んでいきますよね。 一人ではない場合は家族の都合なども考えて、妻のことや子供のこと、 いろいろ考えて決めていかなければいけません。かなり大変な作業だと思います。

それでも引越した時の新鮮な気持ちや、部屋の家具のレイアウト、 新しく買う家具などいろいろ考えたりする時間が好きだったりするので、 引越し先を考える時間というのは私にとっては、意外と楽しい時間だったりします。 以前はレコードを集めるのが好きで2000枚くらいのレコードを持っていました。

そして、集めるだけじゃなく頻繁にいろいろ引っ張りだして、ジャケットを眺めたり、 プレーヤーで聞いたりするので、閉まっておくというのはできませんでした。 それが原因で引越し先を考えるのも一苦労でしたが、 音楽を聞く空間を探して引っ越しを繰り返す時期もあったくらいですが、 今は全部売ってしまい、若干残ったレコードも実家の押し入れに眠っています(笑) それでも、それなりに楽しい引越しライフを楽しんだと思っています。